アジア出身ではメジャー最多の218本塁打した秋信守が韓国球界に

 レンジャーズからFAになっていた秋信守外野手(38)が韓国プロ野球のSKワイバーンズ入りした、とSPOTVのキム・テウが伝えた。年俸は240万ドル。

 2001年高校卒業即マリナーズと契約した秋はマリナーズで2005年にメジャーデビュー、インディアンス6年プレーした後、レッズの1年を挟んで2013年オフにレンジャーズと7年1億3000万ドルの大型契約を結んだ。2013年までに左打ちの強打俊足選手として3度20本塁打、20盗塁をマーク、レンジャーズでも3年連続含め20本塁打を4度記録した。通算1652試合に出場し1671安打、打率2割7分5厘。218本塁打はアジア出身選手では最多記録だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請