25日リング復帰の内藤、飯伏と最終前哨戦 ファンタズモ、石森組のJrタッグ王座には金丸、デスペラード組が挑戦…新日カード変更

内藤哲也
内藤哲也

 新日本プロレスは23日、左大胸筋損傷で全治6か月の重症と診断された高橋ヒロム(31)の長期離脱に伴う25日、東京・後楽園ホールのカード変更を発表した。

 ヒロムはメインイベントでBUSHI(37)と組んで、エル・ファンタズモ(34)、石森太二(38)の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦する予定だったが、今回は前王者組のエル・デスペラード、金丸義信(44)が王座奪還を目指し、ファンタズモ、石森組に挑戦することになった。

 22日の後楽園ホール大会の試合後には乱入してきたデスペラードと金丸がファンタズモを襲撃。デスペラードが「俺たちの腰から適当にかっさらっただけのタッグのベルト、きっちり返してもらうぞ」とマイクアピールしていた。

 セミフィナルの6人タッグマッチでは19日の試合で古傷の右ひざを負傷し、3試合欠場していた内藤哲也(38)が1週間ぶりのリング復帰。28日の大阪城ホール大会でIWGPインターコンチネンタル王座をかけて激突する2冠王・飯伏幸太(38)との最後の前哨戦に臨む。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請