【ヤクルト】奥川恭伸がフリー打撃に登板 MAX147キロに「しっかり投げられた」 巨人・原監督も熱視線

打撃投手を務めた奥川恭伸(カメラ・関口 俊明)
打撃投手を務めた奥川恭伸(カメラ・関口 俊明)
打撃投手を務めた奥川恭伸の投球を高津臣吾監督と並んで見つめる原辰徳監督
打撃投手を務めた奥川恭伸の投球を高津臣吾監督と並んで見つめる原辰徳監督
打撃投手を務めたヤクルト・奥川恭伸の投球を見つめる巨人ナイン
打撃投手を務めたヤクルト・奥川恭伸の投球を見つめる巨人ナイン

 ヤクルトの2年目右腕・奥川恭伸投手(19)が23日、浦添キャンプで初めてフリー打撃に登板した。

 巨人との練習試合を前に、自軍の練習の最後にマウンドへ。高津監督ら首脳陣だけでなく、グラウンドに出てきた巨人・原監督も打撃ケージの後ろで熱視線。異例のシチュエーションに「(原監督が)見てるな~って思いました」と、やや戸惑いながらも、宮本と松本直を相手に、最速147キロをマークするなど、計20球で安打性の当たりは1本だけと上々の内容。次のステップとなる実戦登板へ向け、「しっかり投げられてと思う。課題もあるので、それをしっかりつぶしていきたい」と笑顔で語った。

打撃投手を務めた奥川恭伸(カメラ・関口 俊明)
打撃投手を務めた奥川恭伸の投球を高津臣吾監督と並んで見つめる原辰徳監督
打撃投手を務めたヤクルト・奥川恭伸の投球を見つめる巨人ナイン
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請