問題発言のマリナーズCEOが辞任

ケビン・マザー氏(AP)
ケビン・マザー氏(AP)

 マリナーズが地元のロータリークラブ主催で球団の若手選手への球団の対応に加え、今季から特別コーチに就任した岩隈久志氏(39)のマリナーズ時代の語学力やそれに伴う通訳起用を否定する発言をしたケビン・マザー球団社長兼CEO(58)の辞任を22日(日本時間23日)、発表した。

 この日、マリナーズのジョン・スタントン会長は「皆さんと同じようにマザーのコメントを知ったとき、私は非常に失望しました。言い訳はしません。クラブとパートナーを代表して、選手とファンに心からお詫びします。私たちはより良くなければなりません。償いをするためにやるべきことはたくさんあります」と声明を出した。なお、マザー氏の後任が決まるまでスタントン氏が社長兼CEOを兼務する。

 マザー氏が地元のロータリークラブ主催のZOOMミーティングで語った動画がYouTubeなどで拡散し大炎上。ただちに削除された上で同氏は謝罪していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請