山口俊、先発として調整させる方針…ジャイアンツのザイディ編成本部長明かす

山口俊
山口俊

 ジャイアンツのザイディ編成本部長が21日(日本時間22日)、オンライン会見を行い、マイナー契約を結び招待選手となった山口俊投手を当初は先発として調整させる方針を示した。球団は日本時代から調査しており、実績を評価した上で「先発ローテーションの厚みはこの時期、非常に重要だ。そこからどうなるかは状況次第」と話した。

 ジ軍の先発陣はクエト、ガウスマン以外は不安を残す布陣だけに、巨人時代に結果を残している山口に期待している。昨年はブルージェイズで17試合すべてリリーフで2勝4敗、防御率8・06。かつて巨人に所属したキャプラー監督は「今日初めて会ったので、知り合うのが楽しみだ」と語った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請