【巨人】石川慎吾、実戦初マスクで1回抑えた…原辰徳監督「まだ人様の前でというわけにはいかないけどね」

5回の守備から捕手に就いた石川(左は桜井)
5回の守備から捕手に就いた石川(左は桜井)

◆紅白戦 白組1―0紅組(22日・那覇)

 巨人の石川慎吾外野手(27)が22日、紅白戦の5回守備から捕手に就いた。高校時代に捕手経験があり、チームの危機管理として今キャンプ中も練習を重ねたが、実戦では初マスク。桜井とバッテリーを組み、1イニングを無安打無失点に抑えた。「投手も気持ちの面で違うし、打者も本気で打ちにくる。ブルペンとは違う。任された以上は一生懸命やりたい」と話した。

 配球も自分で組み立てた。「桜井には『気に入らなかったら首を振って』と言っていた。迷惑だけはかけないように。配球に正解はない。抑えれば正解、打たれれば…というものなので」。1死一塁から捕逸で進塁を許したが、後続を封じてきっちり0に抑えた。原監督も「まだ人様の前でというわけにはいかないけどね。まずは我が軍の紅白戦ということで、しっかりできたと思います」と評価した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請