在留資格のない外国人選手はさらに来日遅れる可能性も

プロ野球12球団代表者会議後の記者会見をするNPB・斉藤惇コミッショナー
プロ野球12球団代表者会議後の記者会見をするNPB・斉藤惇コミッショナー
セ・リーグの外国人選手と来日予定
セ・リーグの外国人選手と来日予定
パ・リーグの外国人選手と来日予定
パ・リーグの外国人選手と来日予定

 来月7日で10都府県の緊急事態宣言が解除されても、在留資格のない外国人選手がすぐに来日できるかは不透明で、変異株の問題もありさらに遅れる可能性もある。

 NPBとJリーグは10日、文部科学大臣に「外国人選手等入国後の自主隔離期間の短縮等の制限緩和」など要望書を提出したが、この日までに回答はないという。14日間の待機期間の短縮を求めたが現状では緩和は見えていない。

 現状を受け、巨人がこの日開催されたセ・リーグ理事会で戦力均衡策として再度、暫定的なDH制の導入を提案したが結論には至らなかった。外国人選手の来日時期が見えない中、いち早くチームに合流するための策として隔離中に時間、場所を限定しての練習許可を政府に求めていく可能性が出てきた。

 この日プロ野球・斉藤コミッショナーは「新しく採用された(外国人)選手が入って来られないことで、チーム構成が非常に難しくなっております。政府関係者と相談していかないといけない」と話した。

プロ野球12球団代表者会議後の記者会見をするNPB・斉藤惇コミッショナー
セ・リーグの外国人選手と来日予定
パ・リーグの外国人選手と来日予定
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請