【巨人】原辰徳監督、隔離外国人に1日5時間練習を提言…テニス全豪オープンを例に

試合後、徒歩で宿舎へ帰る原監督
試合後、徒歩で宿舎へ帰る原監督

 巨人の原辰徳監督(62)が22日、海外から入国するスポーツ選手の隔離期間について提言した。都などに緊急事態宣言が発令され、現在、新規外国人は入国停止。日本野球機構(NPB)とJリーグは2週間の隔離期間の短縮を政府に求めているが進展はなく、入国できるようになっても、2週間は部屋で動くしかない。豪州は1日5時間の練習が認められていることを例に挙げ「日本でも」と願った。

 先日まで行われたテニス全豪オープン。選手は入国後、指定先で2週間の隔離生活だったが、隔離施設内での練習を含む1日5時間の外出は許可された。原監督はここに注目した。

 「オーストラリアは1日5時間の練習時間が与えられると。制約はあると思うけど、これはありがたい。日本でも、というのは思った。今やきもきしている球団、野球、サッカー、他のスポーツもあると思う」

 巨人は新外国人のテームズ、スモークとビザの関係でメルセデス、ウレーニャが来日未定。母国などで練習していて、原監督も映像で確認している。それでも来日後2週間部屋から出られなければ、練習のペースは落ちてしまう。PCR検査や感染対策を万全にして1日数時間でも部屋の外で練習できれば、隔離明けの早期復帰が期待できる。

 「日本は特にオリンピックがある。アスリートはマグロと一緒で立ち止まれない。2週間立ち止まれと言ったら相当なる期間。取り返すには少なくとも倍、3倍時間がかかる。オーストラリアは素晴らしい。コロナ禍に対して前向きなルール。非常に賛同できた」

 野球だけでなくスポーツ界全体が前に進むための策として、原監督が熱い思いを語った。(片岡 優帆)

〈PR〉今ならDAZNが2か月無料となるキャンペーン実施中!プロ野球練習試合やオープン戦を配信中

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請