【広島】大瀬良大地、148キロ出た…佐々岡真司監督「順調すぎて反動が怖い」

シート打撃に登板した大瀬良大地
シート打撃に登板した大瀬良大地

 広島の大瀬良大地投手(29)が22日、今キャンプ初のシート打撃登板で、田中広やクロンら打者9人を相手に3三振、無四球、安打性は長野の中前打の1本に抑えた。「想像していたよりもいい形で打者に向かっていけた。球自体も良かった」と充実した表情を浮かべた。

 田中広、クロンを宝刀のカットボールで空振り三振に仕留めるなど上出来の内容。最速は148キロを計測し「腕がしっかり振れている証拠だと思う」と手応えを口にした。佐々岡真司監督(53)も「1、2球目を見て『おっ』と思った。逆に順調すぎて反動が怖い」と絶賛した。

 調子を上げているエースは、28日の日本ハム戦(名護)に登板予定。「試合勘とか確かめながらやっていけたら」と3年連続で開幕投手を勝ち取るために着々とアピールを続けていく。(坂口 愛澄)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請