【高木豊の眼】吉川尚輝、“打った”というより、“乗せた”成長の証し

3回、左越えに本塁打を放った吉川
3回、左越えに本塁打を放った吉川

◆紅白戦 白組1―0紅組(22日・那覇)

 巨人の吉川尚輝内野手(26)が22日、紅白戦(5回特別ルール)で逆方向弾を放った。3回先頭でルーキー右腕・伊藤優=三菱パワー=の直球を捉え左翼席まで運んだ。

 * * *

 3ボール。打者絶対有利のカウントで、吉川は高めのストレートを1、2、3で打った。打球を反対方向に放り込めたところに、成長の証しがある。

 打者は有利なカウントで打ちにいくと、強引に引っ張ったり、余計な力が入ってポップフライを打ち上げたりする。打球が反対方向の左翼に上がったのは、しっかりと引きつけて、強くたたけた証拠だ。

 今季の巨人は、現状では新加入の梶谷が1番を打ち、坂本が2番に入るものと思われる。新外国人が打線に入ると仮定すると、吉川は7、8番あたりを打つことになるのか。1番打者ならまず出塁率が要求されるが、7、8番を任せられるのなら、この日のように長打力も欲しい。この一打は首脳陣に向かって少なからずインパクトを与えたのではないだろうか。

 もともとスピードがあって、パンチ力も備えている。昨年までは引っ張ったホームランが多いイメージがあったが、この日の一発は、と表現できる。3ボール後の1球は、打者にとっては力みが生じて強引になりかねない。思い切っていけるカウントで、配球を「外角のストレート」と読んで引きつけて打ったのなら、レベルの高い、内容のあるホームランと言える。(スポーツ報知評論家)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請