日本代表FW鈴木武蔵インタビュー 著書「ムサシと武蔵」幼少期に差別経験、伝えたい思い

日本代表FW鈴木武蔵の自著
日本代表FW鈴木武蔵の自著

 ベルギー1部・べールスホットの日本代表FW鈴木武蔵(27)が22日、スポーツ報知のオンラインインタビューに応じた。3月1日に発売する著書「ムサシと武蔵(徳間書店、1650円)」では、6歳でジャマイカから日本に移住し、幼少期に体験した差別、いじめなどを経験したと明かしている鈴木。今回の出版で伝えたい思いを聞いた

 ―今回「ムサシと武蔵」の出版に至った理由は

 「最初、お話をもらったときは、年齢、キャリアを考えても、まだ何も成し遂げていないのに本を出すのはどうか、と思いました。でも僕が過去に経験してきたこと、経験を踏まえて伝えたいことを届けたいと思って、本を出版することにしました」

 ―ジャマイカ人の父、日本人の母の下に生まれ、6歳でジャマイカから日本に移住。当初は差別など辛い経験をした

 「日本にきたころはそういう経験をして、自分がその中でどう生きていかないといけないのか考えてきた。それが成長とともに考えは変わってきて、プロになってからも、差別だったり、社会のことに関して、考えることもすごくあった。この本は自分が感じてきたことを、自分の成長とともに描いてありますし、今の自分の考えも、本の最後に記載しています。この考えが今後変わることもあるかもしれない。とにかく今伝えたいことを、この本ですべて出し切ったという思いがあります」

 ―Jリーグ時代から、明るいキャラクターや、取材にも丁寧に応じている姿が印象的だったが、幼少期の経験が人間形成に影響しているのか

 「生い立ちの中で身につけたのは、人前で明るくする部分。本を読んでもらえると、僕の人間性がわかると思う。他人と話すときに殻を作ってしまうというのは、人格形成の中でつくられてしまって、今の自分に至ります。正直、この本に関しては、自分を極限までさらけ出しています。取材エリアで丁寧に答えたり、人々を楽しませるために何かすることだったりは、全部幼少期から受けてきた経験が物語っている自分の人格だと思います」

 ―どういった人たちに伝えたい思いがあるか

 「一番は僕と同じような境遇の人たちにこの本を読んでもらって、自分は一人じゃない、というのを感じてほしいですし、少しでも明日への活力にしてもらえればうれしい。正直、この本はいろんな人に対しても当てはまることはあると思う。差別という部分だけじゃなくて、色々な社会の中で、何か突出したもの、ネガティブだと思うものがある人はたくさんいると思う。その中で、自分がネガティブに思っている部分を、ポジティブに変えていける気持ちだったりを、たくさんこの本には記載してある。もちろん、僕と同じような境遇の人たちに届けたいのは一番にあるんですけど、それ以外のひとたちにも響くこと、僕の経験と考えを伝えたつもりです」

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請