街中み~んな、稲垣吾郎と加藤ローサの顔に…NHK連続ドラマ「きれいのくに」4月スタート

稲垣吾郎
稲垣吾郎
加藤ローサ
加藤ローサ

 元SMAPで俳優の稲垣吾郎(47)が4月12日スタートのNHK総合の連続ドラマ「きれいのくに」(月曜・後10時45分)に出演することが22日、同局から発表された。

 4月から新枠に移動した「よるドラ」の第1弾。作品は、容姿に対するコンプレックスがテーマ。自分を変えたい成人男性のほとんどが稲垣の顔に整形して過ごす物語だ。学校の先生や街を歩く大人たちが皆、稲垣。稲垣が一人何役もの演技に挑み、CG加工も駆使して独特の世界を描く。

 一方、コンプレックスに悩む女性は皆、加藤ローサ(35)の顔に。稲垣、加藤の顔だらけの世界が展開される。その中でセックスレスな中年夫婦を吉田羊(年齢非公表)、平原テツ(42)が演じる。また整形前の高校生役を青木柚(20)、見上愛(20)らが務める。

 脚本・演出・監督を務めるのは、過去「若手演出家コンクール」優秀賞も受賞した加藤拓也氏(27)。「いくつかのプロットの中で『ダメだろうな』と思いながら書いていた変な話が採用されて、ここまで来てしまった」と驚く。

 元SMAPのメンバーは、草ナギ剛(46)が同局大河ドラマ「青天を衝け」(日曜・後8時)に出演。香取慎吾(44)もテレビ東京系「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(月曜・後10時)で主演している。

稲垣吾郎
加藤ローサ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請