高橋ヒロム、左大胸筋損傷で全治6か月の重症…ジュニアタッグ戦とIWGPジュニア戦は白紙、ジュニア王座返上も

左大胸筋損傷で全治6か月の重症と診断された高橋ヒロム
左大胸筋損傷で全治6か月の重症と診断された高橋ヒロム

 新日本プロレスは22日、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム(31)が左大胸筋損傷で全治6か月の重症と診断されたと発表した。

 ヒロムは19日の試合で負傷し、20日の山形大会、22日の東京・後楽園ホール大会を欠場。この日は第3試合の6人タッグマッチで鷹木信悟(38)、BUSHIと組んで、石森太二(38)、エル・ファンタズモ(34)、高橋裕二郎(40)組と対戦の予定だった。新日では急きょ、この試合を鷹木、BUSHI―石森、ファンタズモのタッグマッチに変更した。

 ヒロムはこの日、自身のツイッターで「後楽園ホールのみんな、ごめんなさい」と欠場を謝罪。25日の後楽園ホール大会でBUSHI(37)と組んで、IWGPジュニアタッグ王者の石森、ファンタズモ組に挑戦。28日の大阪城ホール大会ではIWGPジュニアヘビー王座2度目の防衛を目指し、ファンタズモの挑戦を受ける予定だったが、2試合とも出場は不可能な状態。全治までの期間がIWGP王座防衛期限の6か月を超えそうなことから、ジュニア王座返上が濃厚となった。

 ヒロムは18年7月の米サンフランシスコ大会でのIWGPジュニアヘビー級戦でもドラゴン・リー(25)の急角度ドラゴンドライバーを受けた際、リングに首から落ち、骨折。1年4か月の長期欠場を余儀なくされ、ジュニア王座も返上している。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請