前田敦子、勝地涼との離婚協議に進展なし…左手薬指に指輪なし

「スニーカーベストドレッサー賞」を受賞した前田敦子
「スニーカーベストドレッサー賞」を受賞した前田敦子

 元AKB48で女優の前田敦子(29)が22日、スニーカーが似合う著名人や団体などに贈られる「スニーカーベストドレッサー賞2021」のオンライン授賞式に登場した。夫で俳優の勝地涼(34)と離婚協議に入ってから初めてのイベント出席となるが、夫婦関係については語らず、左手薬指に指輪もなかった。

 この日は、ショートカットにピンクの衣装で登場。「ステキな賞をありがとうございます。スニーカーは本当に好き。AKB48時代はレッスンの時に履いて、学生の時も、母になっても毎日履いています」と喜んだ。

 SNSでは長男(1)とのおそろいのスニーカーを履いている写真もアップ。昨年の緊急事態宣言下での自粛期間に長男が歩き始め、「お散歩で初めてスニーカーを履かせて一緒に歩いた」。さらに「おそろいのものがいっぱい売っているから、思わず買っちゃう」と育児に追われる日々をうかがわせた。

 2018年7月に結婚した勝地とは、今年に入りお互いに弁護士を立てて協議中。しかし関係者によると進展はしていないという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請