来月11日にスポーツ庁担当者がプロボクシング興行視察へ

記者会見に応じる新田渉世JPBA事務局長
記者会見に応じる新田渉世JPBA事務局長

 プロボクシングを統括する日本ボクシングコミッション(JBC)と全国のジム会長らで構成される日本プロボクシング協会(JPBA)は22日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、今月17日にスポーツ庁の担当者がJBCを訪れ、ボクシング界のコロナ対策などの取り組みについての聞き取りが行われたことを報告。JBCの安河内剛本部事務局長は「マスク着用や大声出しについてはトラブルはない」などと説明した。担当者は3月11日に東京・後楽園ホール興行を視察する意向を伝えてきたという。

 また、21日に行われた全日本新人王決勝戦の事前PCR検査で3選手が陽性判定を受けたこと(後に再検査で1人は陰性)も報告された。地方から参加した選手に関しては、陽性判定後に隔離の受け入れ先が決まるまでに数時間要したことから、安河内事務局長は「選手個々では対応不可。保健所との事前連携をさらに密にしていきたい」「行政にすべてを委ねず、ボクシング界で対応できるようにもしていきたい」などとコメントした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請