【巨人】原監督、スポーツ界のため提言! 隔離期間に練習OKの豪州ルール「素晴らしい。日本でも」

原辰徳監督
原辰徳監督

 巨人の原辰徳監督(62)が22日、外国人選手などアスリートの入国後の隔離期間について提言した。

 現在は緊急事態宣言が発令されていることもあり、新規外国人の入国停止。巨人では新外国人のテームズ、スモークに加え、ビザの関係でメルセデスとウレーニャが来日できていない。

 入国できるようになったとしても、現在の日本では2週間の隔離が必要で、その間はホテルなどの部屋で過ごすしかない。野球選手は部屋の中で体幹トレーニングや素振りなどはできたとしても、キャッチボールやランニングは不可能だ。

 そんな中、原監督はテニスの全豪オープンを例に出して熱弁した。

 「オーストラリアでは(入国後)2週間隔離だけど、スポーツは1日5時間の練習時間が与えられるという。大人数のところでやるとかではなくて。ある程度の規制はあると思うけど、これはありがたいなと。やっぱりアスリートにとって部屋に24時間いなさい、かけるトゥーウィークス(24時間×2週間)ということがどれだけすごいことか。オーストラリアは1日5時間、練習していいと。当然そこにはPCRを何回もやると。日本式の形でそれができるのならば、やきもきしている球団、サッカー、野球、他のスポーツもあると思う。日本は特にオリンピックがある。アスリートはどちらかというとマグロと一緒で立ち止まれない。2週間立ち止まれ、と言ったら相当なる期間。ましてや取り返すには相当な時間がかかる。少なくとも倍、3倍の時間はかかる。オーストラリアは素晴らしいなと。日本でも、というのは思いました。オーストラリアはすごく厳しい。厳しいんだけど、その中できちんとルールを設けてやると。全豪をやっていたからね。コロナ禍に対して前向きなルール。非常に賛同できた」

 オーストラリアはテニスの全豪オープン出場選手は到着後の2週間、隔離生活をしながら練習を含む1日5時間以内の外出が認められていた。入国後は指定施設で14日間の隔離が義務となり、全豪出場選手は特例で指定コートなどでの練習を含む1日5時間以内の外出が認められていた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請