【DeNA】三浦大輔監督、山崎康晃に「しっかりはい上がって…」 初登板の2軍戦視察

スポーツ報知
ノックバットを手に練習を見つめる三浦大輔監督

◆2軍練習試合 中日7―3DeNA(22日・読谷)

 DeNAの山崎康晃投手(28)が22日、2軍の練習試合・中日戦(読谷)で、今季初めて対外試合に登板した。3―7の8回にマウンドに上がり、1イニングを投げて20球で1安打無失点だった。

 先頭の石橋に左前安打を浴び、続く土田の打席で暴投。無死三塁のピンチを背負ったが、土田を空振り三振、渡辺をニゴロ、山下をニゴロに打ち取り本塁を踏ませることはなかった。

 視察に訪れた三浦大輔監督(47)は「初の実戦で初の対外試合登板。元気に投げているのを見られてよかった。元気そうな顔も見られた。きょうは内容どうこうじゃない」と話した。今後に向けては「しっかりはい上がってきてもらうように、山崎康晃のボールを投げられるようになって戻ってきて欲しい」と期待した。

 山崎はプロ6年目の昨季、不調でプロ最少の40登板。0勝3敗、6セーブで防御率5・68と苦しんで守護神の座を三嶋に譲り、2軍降格も味わった。今キャンプは7年目にして初めて2軍スタートとなり、現在も2軍調整中だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請