橋下徹氏と神田愛花アナが討論 森喜朗氏の問題発言と橋本聖子新会長のセクハラ問題で

橋下徹氏
橋下徹氏

 22日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・午前8時)では、森喜朗氏が辞任した東京五輪の組織委員会の新会長に橋本聖子五輪相が就任したことを特集。海外で過去のセクハラ問題が報じられていることなどを伝えた。

 この問題について、コメンテーターでフリーの神田愛花アナウンサーと、リモート出演した元大阪府知事の橋下徹氏が議論した。

 神田アナ「海外の情報を見てみたら、森さんが会長を退任されたのも多額の放送権料を払っているアメリカの放送局が問題視したということがポイントになっているといわれているじゃないですか。アメリカでの反応を見てみると、今回の件は犯罪ではないのですが、罪を犯した方などに対するセカンドチャンスを与えるという意識がとても浸透している。アメリカだけで見たら7年前にしてしまったことで、犯罪でもないのでそんなに重要視されていないんじゃないか。森さんの発言があったからこそ日本のトップが女性に代わったということの方がアメリカでは大きく報じられている空気があるので、そこまで問題になっていないかなという感じはします」

 橋下氏「橋本さんの過去の問題は謝ればいいと思うんですけど。どうも納得いかないのは、森さんの発言と橋本さんのやった行動のどっちが問題かといったら、はっきり言って橋本新会長の行動の方が本当は問題なのではないか。両方しっかり謝れば許されるという前提でずっと考えていたんだけど、森さんの発言は一発アウトだという人がいるのであれば、橋本新会長の行動も本当は許されないのに、そこにすごい不公平感を感じる。僕は謝れば許す派ですから」

 神田アナ「私が感じたのは、森さんに関しては今してしまったこと。それに対する責任は取られるべきだと思う。橋本新会長の行為は7年前の話で、セカンドチャンスという考え方でいうと、森さんもセカンドチャンスがきっとあると思うという考えです」。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請