山西利和「金メダルを狙いたい」東京五輪代表内定トリオの争い制し五輪本大会へ

日本選手権競歩20キロで先頭を引っ張る山西利和(右)。中央が池田向希、左が高橋英輝(カメラ・細野友司)
日本選手権競歩20キロで先頭を引っ張る山西利和(右)。中央が池田向希、左が高橋英輝(カメラ・細野友司)
上位成績表
上位成績表

◆陸上 日本選手権競歩20キロ(21日、神戸市・六甲アイランド甲南大周辺コース)

 男子で、19年ドーハ世界陸上金メダルの山西利和(25)=愛知製鋼=が大会新の1時間17分20秒で連覇した。ともに東京五輪代表内定の高橋英輝(28)=富士通=、池田向希(22)=東洋大=との三つどもえ対決を制し、五輪本大会へ「金メダルを狙いたい」と改めて宣言。女子は、ドーハ世陸7位の藤井菜々子(21)=エディオン=が、1時間30分45秒で初V。16年リオ五輪代表の岡田久美子(29)=ビックカメラ=は2位で、7連覇を逃した。

 山西は、充実の表情で2連覇のテープを切った。五輪内定者がそろい踏みで注目された今戦。「勝つことを優先した。優勝という結果を出せて、ホッとした」。16キロ付近で先頭を争った高橋と池田を振り切り、単独歩に。日本歴代2位の自己記録1時間17分15秒まで、5秒差の好記録で完勝した。「まだまだ力をつけて、金メダルをとれるように頑張りたい」と眼光を鋭くした。

 圧勝の伏線は、12―13キロ。直前の1キロは3分58秒だったペースを、3分45秒まで急激に上げた。「そこで決めるというより、ふるいにかけていく流れの中でのペースアップ」。高橋と池田は食らいついたが、効果は絶大。高橋は「思った以上に疲労度があって、(後半)ズルズルといってしまった」と振り返った。ペース変動の駆け引きは、五輪でも重要な要素になる。愛知製鋼の内田隆幸コーチは「記録も素晴らしいし、100点以上あげたい」とたたえた。

 コロナ禍で、五輪開催への懐疑論は広がったままだ。京大出身の秀才は、一選手として「五輪の舞台で見たい、と思わせるだけのパフォーマンスを見せるしかない」。信念の歩みを表現した先に、道は開けると信じている。(細野 友司)

日本選手権競歩20キロで先頭を引っ張る山西利和(右)。中央が池田向希、左が高橋英輝(カメラ・細野友司)
上位成績表
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請