馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

【中山記念展望】前走の中山金杯で重賞初制覇を飾ったヒシイグアスが中心

中山記念の主な出走予定馬。※騎手は想定
中山記念の主な出走予定馬。※騎手は想定

 第95回中山記念・G2が2月28日、中山競馬場の芝1800メートルの舞台で行われる。

 前走で中山金杯を勝ち重賞初制覇を飾ったヒシイグアス(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)が主力。石和特別、ウェルカムSと2、3勝クラスを勝って挑んだ前走は、中団前めから直線鋭く伸び切ってのV。現在の充実を証明する完勝だった。ハーツクライの産駒で母はアルゼンチンG1・2着馬。血統スケールも大きく、今年の飛躍が期待できる逸材だ。

 ラジオNIKKEI賞、セントライト記念を逃げて連勝したナカヤマフェスタ産駒のバビット(牡4歳、栗東・浜田多実雄厩舎)も争覇圏。正攻法で挑んだ有馬記念は早め失速の13着も、このメンバーですんなり主導権なら互角以上の評価。

 前走の日経新春杯で3着に入ったクラージュゲリエ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)。皐月賞5着、日本ダービー6着とクラシックで好走した俊英が軌道に乗ってきた。中山コースにも適性十分だけに楽しみ。

 NHKマイルC2着馬ケイデンスコール(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)は前走の京都金杯(中京)で新潟2歳S以来の勝利。岩田康誠騎手が執念の騎乗で勝利に導いた。追い切りは相変わらず動いており、そのままレースで再現できれば連勝も。

 中山金杯3着ウインイクシード(牡7歳、美浦・鈴木伸尋厩舎)、アルゼンチン共和国杯3着サンアップルトン(牡5歳、美浦・中野栄治厩舎)、新潟大賞典1着トーセンスーリヤ(牡6歳、美浦・小野次郎厩舎)もエントリーした。

 今週がラスト騎乗となる蛯名正義騎手騎乗のゴーフォザサミット(牡6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が有終の美を飾れるかにも注目。(大上 賢一郎)

登録馬&想定騎手

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請