右ひざ負傷の内藤哲也、22日の後楽園ホール大会も欠場…左肩負傷の高橋ヒロムは復帰へ

内藤哲也
内藤哲也

 新日本プロレスは21日、内藤哲也(38)が右ひざの負傷により、22日の東京・後楽園ホール大会を欠場すると発表した。

 内藤は16日の試合で古傷の右ひざを痛め、治療中で19日の岩手、20日の山形両大会に続き、3試合連続の欠場となる。

 22日の試合では、SANADA(33)と組み、飯伏幸太(38)、本間朋晃(44)組とタッグマッチで対戦予定だったが、SANADAと本間のシングルマッチにカード変更された。内藤の欠場により、この日の飯伏の出場もなくなった。

 内藤は欠場した岩手、山形大会にサプライズ登場。「内藤哲也のプロレスをお見せすることができなくてすみません」と観客に謝罪した上で右ひざの順調な回復を報告していた。内藤は28日の大阪城ホール大会で、IWGPインターコンチネンタル王座を賭け、2冠王・飯伏への挑戦が決まっている。

 また、左肩の負傷で20日の山形大会を欠場したIWGPジュニア王者・高橋ヒロム(31)は第3試合の6人タッグマッチで復帰の予定となっている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請