【DeNA】「1番・一塁」の田中俊太が走攻守で存在感「走攻守全てでアピールしないと」

スポーツ報知
1回無死、中前打を放つ田中俊太

◆練習試合 ロッテ5―4DeNA(21日、宜野湾)

 DeNAの田中俊太内野手(27)が、21日の練習試合・ロッテ戦(宜野湾)で存在感を示した。

 「1番・一塁」で先発した田中俊。初回の先頭でいきなり中前安打を放って出塁。3回の2打席目も完璧に捉えた当たりでセンターの頭を越えそうだったが、藤原にスーパーキャッチされて2打席連続安打とはならなかった。6回先頭の3打席目は2ストライクから粘って四球を選び出塁。すかさず二盗も決めた。7回の守備からは退き、2打数1安打1盗塁だった。

 一塁の守備でも好プレーを連発した。4回には藤岡の一、二塁間へのゴロを横っ飛びでキャッチ。5回には菅野の強烈な当たりを、ジャンプしてしっかり捕球した。DeNAベンチからは「俊太さーん!」とたたえる声が、続出した。

 田中俊は梶谷の人的補償で今季加入。「1番で出て、初回に出塁できたことに関してはよかった。走攻守全てでアピールしないといけない。試合で勝つために何が求められているかを考えていけたらなと思います」と意気込みを口にした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請