馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

【小倉大賞典】11番人気テリトーリアルが重賞初V 引退目前の西浦師「報われた」

ゴール前の接戦を制したテリトーリアル(中)が小倉大賞典を制覇(左は5着デンコウアンジュ、右は2着ボッケリーニ)
ゴール前の接戦を制したテリトーリアル(中)が小倉大賞典を制覇(左は5着デンコウアンジュ、右は2着ボッケリーニ)

 ◆第55回小倉大賞典・G3(2月21日、小倉競馬場・芝1800メートル、良馬場)

 16頭によるハンデ戦で行われたG3は、石川裕紀人騎手が手綱を執った11番人気のテリトーリアル(牡7歳、父テオフィロ)が直線での叩き合いを制して、重賞初制覇を果たした。勝ち時計は1分45秒5。同馬を管理する西浦勝一調教師(70)=栗東=は今月いっぱいで定年による引退が決まっており、その目前での重賞V。また、西浦調教師は騎手時代に2度(1983年スナークアロー、1989年ダイカツケンザン)制しており、ジョッキー、トレーナーでの制覇となった。

 鼻差の2着は1番人気のボッケリーニ(浜中俊騎手)。さらに1馬身半差の3着には2番手追走から粘り込みを狙った12番人気のディアンドル(団野大成騎手)が入った。

 西浦勝一調教師(テリトーリアル=1着)「よくしのいでくれました。石川君も何回か乗ってくれていて、いいところを引き出してくれました。(後ろを待たずに)自分から動いて、よく勝ってくれました。オーナーにも感謝しないといけませんし、従業員も一生懸命にやってくれました。この馬でけでなく、厩舎一丸となって競馬を盛り上げようと頑張ってきましたが、報われましたね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請