ワクチン副反応疑いでじんましん、悪寒…医師が分析「特別なことではない。メリットの方が大」

 首相官邸は20日、富山労災病院(富山県魚津市)で19日に米製薬大手ファイザー製のワクチンを接種した際、副反応の疑いがあるじんましんが発生したと明らかにした。新型コロナウイルスのワクチン向けに開設した専用ツイッターに投稿した。

 また厚生労働省は同日、ワクチン接種後に副反応の疑いがある報告が2例あったと発表した。内訳はじんましん1件、悪寒1件。じんましんの1件は、官邸ツイッターが発表した富山労災病院の事例と同一とみられる。国内で副反応の確認は初めて。

 医療ガバナンス研究所理事長・上昌広医師は下記のような見解を寄せた。

 「現段階で、医療従事者約5000人に接種を終え、1人にじんましんが出たとのことだが、特別なことではない。じんましんは軽ければ30分程度で治るし、新型コロナによる重症化を防ぐメリットの方がはるかに大きい。このままの割合だと、5000万人で1万人程度にじんましんが出る可能性はある。接種した人数が増えれば、ほかの副反応も出てくるだろう。4月からは高齢者への接種が始まる見通し。ワクチンの特性などについて不安がある場合は、医師と話し合って判断してほしい」

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請