馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

【京都牝馬S】イベリス、逃げ切って重賞2勝目 

イベリス(左)が後続の追い上げを尻目に逃げ切った
イベリス(左)が後続の追い上げを尻目に逃げ切った

◆第56回京都牝馬S・G3(2月20日・芝1400メートル・阪神競馬場、良)

 阪神競馬場で行われた第56回京都牝馬S・G3は、3番人気のイベリス(酒井)が1馬身半差をつけて逃げ切り、19年アーリントンC以来の重賞2勝目を挙げた。

 厩舎ゆかりの血統だ。重賞5勝のベルカントを姉にもつイベリスが1馬身半差で逃げ切り勝ち。3歳春のアーリントンC以来、待望の重賞2勝目をゲットした。

 好発を決めると、1ハロンでハナに行き切り、完全に隊列が決まった。直線を向いても2馬身のリード。「早めに競ってくる馬もいなかった」(酒井)と展開に恵まれた面はあるものの、残り200メートルまでステッキを使わずに済むほどの完勝だった。一戦ごとにパンプアップし、484キロの過去最高体重が今の充実を物語る。「今回が一番、具合も良さそうでした」。三度目の正直で結果を出した鞍上も笑顔が弾けた。

 19年秋以来のJRA重賞10勝目となった角田調教師は「ジョッキーと手が合うね。1400メートルのG1があればいいんだけど」と苦笑い。今後の路線が注目される。(玉木 宏征)

 ◆イベリス 父ロードカナロア、母セレブラール(父ボストンハーバー)。栗東・角田晃一厩舎所属の牝5歳。北海道新ひだか町・土居牧場の生産。通算18戦4勝。総収得賞金は1億2430万7000円。主な勝ち鞍は19年アーリントンC・G3。馬主は前田幸治氏。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請