スポーツ庁の室伏広治長官、組織委の橋本聖子新会長は「大会の顔」 候補者検討委メンバー務める…

室伏広治氏
室伏広治氏

 スポーツ庁の室伏広治長官は18日、東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子新会長就任についてコメントを寄せた。

 室伏氏は候補者検討委員会のメンバーを務め、橋本新会長の候補一本化に関わった。「今回、私も候補者検討委員会委員として、新会長候補者の選定に携わりましたが、委員会が提示しました新会長に求められる資質の『5つの観点』からも、橋本新会長は最も適任であり、まさに大会の顔として、東京大会を成功に導いていただきたいと思います。そのためにも、新体制をしっかりとサポートをしてまいりたいと思います」とした。

 04年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダルの室伏氏は、昨年10月から鈴木大地氏の後任としてスポーツ庁長官に就任した。「コロナウイルス感染症の影響は依然として続いておりますが、アスリートに寄り添い、東京大会の成功に向けて共に全力で取り組んでまいります」と決意を新たにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請