【楽天】2年目の黒川史陽が6回に勝ち越し適時打「甘い球を仕留めることができた」

6回2死二塁、中前に勝ち越し適時打を放った黒川史陽
6回2死二塁、中前に勝ち越し適時打を放った黒川史陽

◆練習試合 楽天―ロッテ(18日・金武)

 楽天の黒川史陽内野手(19)が、1―1の同点で迎えた6回2死二塁で、中前に勝ち越し適時打を放った。

 3ボール1ストライクから、ロッテ・東妻の外角直球をライナーで中前に。プロ2年目の今季は1軍定着を狙う若武者は、この日3本目の安打に「チャンスで甘い球をしっかりと仕留めることができました。キャンプで継続して取り組んできたことを、やっと出せたかなと思います」と、引き締まった表情で話した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請