戸塚祥太、主演舞台「未来記の番人」で初の殺陣に挑戦!!

スポーツ報知
舞台「未来記の番人」に主演する戸塚祥太(C)松竹

 ジャニーズの5人組アイドルグループ「A.B.C―Z」の戸塚祥太(34)が主演舞台「未来記の番人」(4月3~11日、大阪松竹座)で、初めて本格的な殺陣に挑戦する。

 聖徳太子の予言書をめぐる青春時代活劇。主人公の千里丸を演じる戸塚は「殺陣の見せ方も必要で、稽古を必死にやってます。ダンスは覚えるのは早いけど殺陣は遅いですね。1日目にやったことが、2日目に出て来ず、ビックリしました」と苦闘している。

 だが、5年ぶりの大阪松竹座での座長公演とあって意欲満々。「関西の方はアドリブ、笑いに厳しいイメージがあるので緊張しますね。アドリブシーンは(ジャニーズJr.の)冨岡健翔とコンビネーションを見せたいです」と笑顔。遠くの出来事が目の前で起こっているように見える特殊能力「千里眼」を持ったために、命じられるままに生きてきたが、人との触れ合いによって己の進む道を見い出す役どころ。「人と出会って命が吹き込まれるところはしっかり表現したい」と力を込めた。

 自身にもしも千里眼の力があれば「好きなアーティストのライブで、ドームクラスで一番後ろの席でも、最前列にピントが合う」と目を輝かせる。一方で予言書については「見たくないですね。あったらページを開くと思うので、寄せ付けたくないです。でも、死ぬ時を知っていたら、逆にうれしいかも。燃え尽きることができるので」と、独特の感性をのぞかせた。

 2012年にジャニーズ史上初のDVDデビューを果たしたA.B.C―Z。来年にデビュー10周年を迎えるにあたり、今年“Zプロジェクト”が発足した。グループを盛り上げていくために、様々な仕掛けや挑戦を用意しており「人間として一つでも成長できたら。エンタメの灯を消さない前向きな人から影響を受けて、自分に磨きをかけ、グループに戻った時に化学反応を起こしたい」とソロ活動のグループへの還元を誓った。

 大阪公演の前には東京(3月12~21日)、愛知(同27日)、福岡(同30日)でも上演。(尚)

 ◆戸塚 祥太(とつか・しょうた)1986年11月13日生まれ。34歳。東京都出身。99年にジャニーズ事務所に入所。12年、A.B.C―Zとしてジャニーズ初のDVDデビューを果たす。舞台「出発」(14年)で初主演。「広島に原爆を落とす日」(15年)「寝盗られ宗介」(16年)で主演を務める。グループ内では舞台を中心に活躍。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請