【晴山由梨きょうも釣り日和】キンメ&クロムツ高級魚祭りに歓喜…小坪港・太郎丸

1投目で良型のキンメを釣り上げ笑顔の由梨ちゃん(太郎丸で)
1投目で良型のキンメを釣り上げ笑顔の由梨ちゃん(太郎丸で)

 釣りガールの晴山由梨が、中深場のキンメダイ釣りを楽しんだ。逗子・小坪港の報知指定・太郎丸の乗合船に乗り込んで、東京湾口の城ケ島と伊豆大島の中間にある沖ノ瀬へ。水深400メートルの深場からキンメやクロムツ、脂の乗った大型サバが上がってくるたびに、由梨ちゃんは歓声を上げて大喜びしていた。

 中深場での釣り。本命はもちろんキンメですが、私がこっそり狙っているの魚がいるんです。それはクロムツ。こちらもキンメと並ぶ高級魚。両方釣れれば超ラッキーです。私にとっても久しぶりの釣りものなのですが、太郎丸では出船前に高橋良至船長が、釣り方のレクチャーをしてくれます。中深場の釣りが初めての方でも安心♪

 午前6時、釣り場の沖ノ瀬へ向けて出船。最初、用意されていたオモリは250号だったのですが、この日は潮が速いとのことで350号に変更。350号は重さでいうと、約1・3キロ。軽く筋トレできそうなぐらい重いです(笑い)。

 ハリにはサバの切り身を付けて準備OK。高橋船長の合図でオモリを前方に軽く投げて、仕掛けを海中へ。釣り場の水深は400メートル前後。オモリが海底に到達するまで4分程かかります。オモリが底に着いたら、糸フケを取ってから5メートル巻き上げて待つ、これが基本の釣り方です。

 この日は、さっそく1投目から竿先にコツコツとアタリが出ました。この釣りでは、船長の合図で片舷ずつ仕掛けを回収するので、アタリがあってもそのまま待ち続けます。その間にも追い食いしたのか、竿先の振動がどんどん大きくなっていきます。よく考えると水深400メートルの海底から、糸を通してアタリが伝わってくるってすごい。「バレずにそのまま待っててねー!」と、400メートル先の魚にお願いしておきました。

 高橋船長の合図で巻き上げ開始。中速で上げるので、魚が見えるまで9分以上かかります。ドキドキワクワク。仕掛けが上がってくると、上から1、2番目のハリに本命のキンメの姿が。しかも40センチ級となかなかの良型です。お願いがちゃんと通じたみたい(笑い)。

  • 大好きなクロムツもゲットしてニコニコ顔
  • 大好きなクロムツもゲットしてニコニコ顔

 キンメに大喜びしていると「まだ下に魚が付いてるよ」と高橋船長。下のハリを見てみると、なんとクロムツとサバも付いていました。クロムツは前回食べた時にあまりにもおいしくて、それが忘れられないので、ぜひ釣りたかった魚。サバも丸々と太ったマサバで、この時期は「寒サバ」といって脂が乗り特においしいのだとか。1投目からおいしい魚が3種類も釣れるなんて、最高すぎる~。ほかにも船中では、アコウダイやアカムツ、アラなどの高級魚が上がり、船上は盛り上がりました。中深場は高級魚の宝庫ですね★

 ピカピカで手入れの行き届いた船には、電子レンジや給湯ポット、温水洗浄便座付きトイレなどの設備も充実しています。太郎丸は、女性や船に乗り慣れていない方にもオススメの船宿さんです。(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「YouTube『晴山由梨のゆり飯』では、私が釣ってきた魚をさばいて食べる動画を公開しています。チャンネル登録をお待ちしております。このほかのイベント出演などについてはインスタグラム(QRコード参照)などでお知らせします。チェックしてみてください」

 ◆めも キンメやクロムツなど中深場での根魚釣りの近況、乗合船は小坪港太郎丸(TEL0467・22・7662、ホームページ参照)。乗合船は午前5時30分集合、同6時までに出船。料金は餌、氷つきで1万2000円(税込み)。乗船には事前予約が必要。船宿には深場用の竿と電動リールのレンタルセット(2000円)と仕掛け(1組1000円)が常備されている。駐車場完備。

 このほか、以下の船宿からも乗合船が出る。

 千田港三喜丸(TEL0470・43・8293)

 あぶずり港長三朗丸(TEL090・3349・4882)

 早川港平安丸(TEL0465・22・0676)

 須崎港ほうえい丸(TEL0558・22・1047)

1投目で良型のキンメを釣り上げ笑顔の由梨ちゃん(太郎丸で)
大好きなクロムツもゲットしてニコニコ顔
すべての写真を見る 2枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請