名古屋ウィメンズマラソンに五輪代表・鈴木亜由子ら 瀬古氏「ある程度の記録は期待していい」

名古屋ウィメンズマラソンの招待選手発表会見に出席した瀬古利彦氏
名古屋ウィメンズマラソンの招待選手発表会見に出席した瀬古利彦氏

 3月14日に行われる名古屋ウィメンズマラソン(バンテリンドームナゴヤ発着)の招待選手発表会見が17日、名古屋市内で行われた。東京五輪代表の鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ=や同補欠の小原怜(30)=天満屋=と松田瑞生(25)=ダイハツ=らが名を連ねた。出席した日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(64)は「五輪に関連する選手が3人出場するので、非常にレベルの高い大会になるのではないかと思います」と期待を寄せた。

 五輪代表に内定している鈴木は、19年9月の東京五輪代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)以来、約1年6か月ぶりのフル挑戦。瀬古リーダーは「(自己記録が)2時間28分しか持っていないので、五輪選手にふさわしい記録を持って、自信を持って8月のスタートラインに立って欲しいなと。大会記録(2時間20分29秒、20年一山麻緒)はきついけれど、22~23分台では行って欲しい。力としては、ものすごくいいもの持っているし、これまでの自己記録は夏マラソンの記録。初めて冬シーズンに走るということで、ある程度の記録は期待していいと思います」と話した。

 大会定員は1万1000人だが、同日に開催される定員9000人の名古屋シティマラソン(ハーフマラソン)とともに、一部ランナーはオンラインでの参加となる。1月に行われた大阪国際は従来のコースを変更して長居公園内の周回となり、エントリー人数も99人とごく小規模。さらに全員がPCR検査を受けることが義務づけられるなど、感染拡大防止策が徹底されていた。

 以下、招待選手(記録はフルマラソン自己ベスト)。

 ▼松田瑞生(25)=ダイハツ=2時間21分47秒

 ▼小原怜(30)=天満屋=2時間23分20秒

 ▼佐藤早也伽(26)=積水化学=2時間23分27秒

 ▼岩出玲亜(26)=千葉陸協=2時間23分52秒

 ▼鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ=2時間28分32秒

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請