武藤敏郎事務総長、後任会長候補は正式決定まで非公表「万が一を考えたら人権問題になる」

スポーツ報知
武藤敏郎事務総長

 東京五輪・パラリンピック組織委の武藤敏郎事務総長は16日、都内で取材に応じ、女性蔑視発言で辞任した森喜朗前会長の後任候補について、就任が理事会で正式決定するまでは人選を非公表とする考えを示した。

 この日、組織委名誉会長の御手洗冨士夫氏を座長とする候補者検討委員会の第1回会合が行われた。武藤事務総長は「決定されないのに公表するというのは、万が一を考えたら、後で問題になってしまう。(候補として公表した)その人が選ばれれば比較的問題ないが、結果的に人権問題になってしまう」と説明。検討委での議論を経て一本化した新会長候補が就任を内諾し、理事会を招集して決定した後に報告するとした。

 検討委は、あす17日に第2回の会議を行う。速やかに一本化が進めば週内の決着も視野に入ってくるが、武藤事務総長は「できるだけ早く、と思っているが、話をしてみないと分からない。あらかじめ日にちを決めるという考え方はとっていないし、とれないと思っている」との姿勢を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請