筒井康隆さん、怒濤の言葉の洪水の作品群は「『枯淡の境地』でもあり、自分のパワーを試す作品」…単独インタビュー<2>

最新短編集「ジャックポット」について大いに語った筒井康隆さん(C)新潮社写真部
最新短編集「ジャックポット」について大いに語った筒井康隆さん(C)新潮社写真部

 今年で作家デビュー61年目を迎えた筒井康隆さん(86)の最新作「ジャックポット」(新潮社刊)が17日、刊行された。収録された14本の短編は、言葉の洪水が続く超実験小説「漸然山脈」や自身が20歳だった時からの時代をノスタルジックに振り返る「一九五五年二十歳」など話題作がずらり。中でも出版前から大きな話題となっていたのが、昨年2月に食道がんのため急逝した長男で画家の筒井伸輔さん(享年51)への思いをつづった私小説的作品「川のほとり」。日本文学界の巨星が熱狂的ファン「ツツイスト」待望の新刊に込めた思いを聞いた。(構成・中村 健吾)

 <1>から続く

 冒頭の3編、「漸然山脈」「コロキタイマイ」「白笑疑」の言葉の洪水、ある意味、言葉の暴走とも言える作品群は「バブリング創世記」「フル・ネルソン」など過去の名作を愛読してきた読者すらも驚愕する内容となっている。中には置き去りにされる者もいる「極北」の作品とも思える。

 「すべてを理解は出来ないのに面白い」―。多くの読者はこう感じ、それでも夢中になって読み進めるような作品群。86歳となった現在もこうした「極北」の作品を生み出す自身の筆力、創作パワーを筒井さん自身はどう自己分析するのか。「枯淡の境地」などとはまったく真反対の創作に見える作品群への思いを聞いた。

 「これはご質問にある『枯淡の境地』でもあり、自分のパワーを試す作品でもあると思います。通常のストーリイ進行で書くのがかったるくなった、という意味では『枯淡』なのかもしれません。思いつく限りの言葉のギャグなどをぶち込んだという意味ではパワー全開かもしれませんが、ずいぶん長くかかっています」

 怒濤の3作を短編集の冒頭に並べた狙いはどこにあるのか。

 ある意味、読者を「ついてこられるか?」と挑発しているのか。ラストを昨年2月に亡くなった長男・伸輔さん(享年51)との夢の中での“再会”を描いた私小説的作品「川のほとり」で締めるなど、今回の作品順に込めた狙いはどこにあるのか。

 ラストの「川のほとり」を当初、この短編集に組み込むつもりはなかったとも聞いたが―。

 「作品順は、厳密に創作順です。ラストの『川のほとり』のみは間に掌篇(短編よりさらに短い小説)をふたつ書いていますが、(新潮社)出版部重役の中瀬ゆかり氏の『どうしてもこれは載せたい』という要望にお応えしたものです。読者への挑発は毎度のことです」

 4本目として収録された作品はSF第一世代のビッグ3であり、盟友だった星新一さん(1997年年死去)、小松左京さん(2011年死去)らも登場する「死」について書いた「ダークナイト・ミッドナイト」。この作品に込めた思い。86歳の今だからこそ書いたある意味、筒井さん自身の死生観の「到達点」だったのだろうか。

 「これは(ジャズミュージシャン、作曲家の)菊地成孔が自分のディスクジョッキーの番組をそのまま本にしていることに刺激を受けて書いたものです。これを書いたあと、実際に菊地君の番組に出演させて貰いました。テーマの『死』は、スタンダップ・コメディのウディ・アレンが常に死をギャグにしているからそれへの対抗心です」

 ジャズに精通し、早大ジャズ研究会出身のタモリ(75)を発掘したことでも知られる作家は、そう言い切った。

 ◆筒井 康隆(つつい・やすたか) 1934年(昭和9年)9月24日、大阪市生まれ。86歳。同志社大文学部卒業後の60年、家族で発行した同人誌「NULL」から短編「お助け」が江戸川乱歩によって「宝石」に転載され、作家デビュー。65年、処女作品集「東海道戦争」を刊行。SF第一世代として「48億の妄想」、「霊長類 南へ」など話題作を書き続ける一方、ジョブナイル「時をかける少女」、実験小説「虚人たち」、「残像に口紅を」など純文学分野でも最重要作家となる。「虚人たち」で泉鏡花文学賞、「夢の木坂分岐点」で谷崎潤一郎賞、「ヨッパ谷への降下」で川端康成賞、「朝のガスパール」で日本SF大賞、「わたしのグランパ」で読売文学賞など受賞多数。「ツツイスト」と呼ばれる多くのファンを持つ。「富豪刑事」、「パプリカ」など映像化作品も多数。アンソロジスト、劇作家、ホリプロ所属の俳優としても活躍している。

 <3>に続く

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請