ニューイヤー駅伝18位コニカミノルタが磯松大輔監督退任の発表 酒井勝充前監督が監督代行

スポーツ報知
コニカミノルタは磯松大輔監督退任の発表した

 今年のニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)で18位に終わったコニカミノルタは16日、磯松大輔監督(47)が退任することを発表した。4月1日付けで、前監督の酒井勝充副部長(60)が監督代行に就任する。

 コニカミノルタは2001年のニューイヤー駅伝で、当時現役だった磯松監督をはじめ、酒井俊幸(現東洋大監督)、坪田智夫(現法大監督)ら好選手を擁し、初優勝を飾った。以来、2014年までの14大会で8回も優勝したが、昨年は8位、今年は2000年以降としてはチーム最低の18位に沈んだ。

 法大出身の磯松監督は13年4月にコーチから監督に昇格し、8年間、監督を務めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請