役所広司の主演映画「すばらしき世界」がSNSで話題

スポーツ報知
役所広司の主演映画「すばらしき世界」。SNSでは賛辞が相次いでいる

 俳優・役所広司(65)の主演映画「すばらしき世界」(西川美和監督)が11日に公開され、レビューサイトFilmarksで4・2点の高得点を記録するなど、SNSで大きな話題となっている。

 「ディア・ドクター」「永い言い訳」など鋭い視点で人間の本質を描くことに定評のある西川監督の5年ぶりとなる新作。刑務所から出所した元殺人犯の三上正夫(役所)が人生をやり直す物語で、佐木隆三氏の小説「身分帳」を原案に西川監督が時代設定を現代にして映画化した。役所演じる三上が平穏な日常を取り戻そうと悪戦苦闘する様子が共感を呼び、テレビマン役の仲野太賀(28)、長澤まさみ(33)も迫真の演技を見せている。

 SNSでは「ボクの生涯ベスト5に入る名作映画です」「最高だった。大傑作だよ。こんな映画をみると、ただの1日が、とてつもなく最高の1日になる」「早くも今年のベスト1作品が決まってしまった!」「ここ数年観てきた邦画の中でもベスト級」と絶賛の声が多数見られる。

 好評を受け、23日には音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」で西川監督のティーチインを開催。午後8時から約1時間予定でClubhouse登録者なら誰でも参加可能だ。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×