【巨人】育成・八百板卓丸は自分を変えてくれた恩師のためにも支配下を目指す

スポーツ報知
八百板卓丸

 初の1軍昇格を果たした巨人の育成・八百板卓丸外野手(24)。岡本和真、岸田行倫、香月一也と同級生で、チームの次なる支配下登録が注目されている。

 19年限りで楽天を自由契約となり、巨人に育成契約で入団。昨季は2軍でレギュラーを張り、イースタン・リーグ5位の打率3割1分3厘、本塁打8本といずれもプロ6年目で自身”キャリアハイ”の成績を残した。

 「楽天の時はバッティングフォームとかいじられたことなくて『そのままでやってくれ』と言われて。巨人に来てから、こうした方がいい、ああした方がいい、と結構言ってもらえたんです」

 フォーム改造に着手したのが阿部慎之助2軍監督と村田修一1軍野手総合コーチ(当時は2軍野手総合コーチ)の2人。

 1つめのポイントは「タイミングを意識すること」。「阿部監督からタイミング、タイミングとずっと言われて。タイミングを早めに取るイメージを持ってから、ボールもすごく見やすくなって、ボールを捉えやすくなった。コンタクト率も長打率も上がった気がします」。

 そしてもう1つは「悪いクセの修正」。「(バットの)ヘッドが下がってしまうクセがあって、阿部さんと村田さんに結構しつこく言っていただいて、それを修正するために毎日、打撃練習のトスバッティングで意識して今も継続しているんです。それがだんだん試合でいい結果として出てきたかなと思っています」。

 結果が出たこともあるが、八百板にとっては阿部監督、村田コーチが声掛けしてくれたことが何よりうれしかったようだ。

 「共同作業じゃないですけど、(バッティングフォームを)一緒に作り上げてきた感じは初めてなんです。阿部監督と村田コーチと作ってきた、というのが僕の中にはあるんです」。

 オフの自主トレ期間中には、ジャイアンツ球場で同い年の岡本和真と話もした。楽天時代から、ファームでの巨人戦で顔を合わせることがあり、話をするようになった2人。

 「あいつは、あんまりよく何考えているかわからないんですけど、すごい野球に対して真摯というか、そういう姿勢は僕も見習うべき。ただ、ゾーンじゃないですけど、彼だけの空間というのがあって、話しかけづらいという時があります」。

 巨人の4番の風格を肌で感じ、さらに思いは強くなった。「同い年のみんなで一緒に試合に出たいですね」。

 アピールするべきところは、打撃。さらにその俊足を生かして、出塁したらどんどん走っていきたいという。自分を変えてくれた恩師2人のためにも「1軍でしっかり活躍する、そこしかない」と八百板。まずは「009」3ケタの背番号を変えてみせる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請