【楽天】元巨人・田中貴也、田中将大と「TT兄弟」…47球受け「率直な感想は、楽しかった」

スポーツ報知
田中将(左)とサインの確認をする楽天の田中貴捕手

 楽天・田中貴也捕手(28)が14日、田中将大投手(32)との「TT兄弟」初結成で配球のヒントを得ることに成功した。ブルペンで直球やカーブ、ツーシーム、スプリットなど18番が投じる47球を受け、「率直な感想は、楽しかった。いろんなバリエーションがある。コース、球種をいろんなところに投げる感じでさすがでした。僕も勉強になりました」と感嘆。「変化球を高めに投げる投手というのは、なかなかいない。そういうところも練習されているんだな」。自身の頭にはなかった斬新な発想。まさに“目からウロコ”だった。

 捕手では既に太田、下妻、石原が田中将の球をキャッチ。1日置きに投げていたこともあり、「一昨日くらいから、今日だな」と予測するなど、心待ちにしていた。この日は、同じタイミングでブルペンに入った涌井から「(田中&田中で)TT兄弟やな!」と冗談を飛ばされると、うれしそうな笑みを浮かべた。

 登板後には、持ち球の確認や配球の組み立てについて意見交換も行った。「そこに投げると言った時に、そこ(構えた場所)にくる確率はすごく高かった。1球、1球、意図を持って打者を想定して投げている感じがしました」と制球力の高さにも衝撃を受けた。

 昨季途中に巨人からトレード加入し、9試合に出場した28歳は「今年のキャンプで一番緊張しました。昨日の試合より緊張しました」と笑いを振りまき締めくくった。(長井 毅)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×