「“月9”を題材に漫才を作った事も」ナイツの塙宣之がフジ系「監察医 朝顔」初出演

月9に初出演するナイツの塙宣之(C)フジテレビ
月9に初出演するナイツの塙宣之(C)フジテレビ

 お笑いコンビ・ナイツの塙宣之(42)が、22日に放送されるフジテレビ系「監察医 朝顔」(毎月・後9時)の第15話に出演する。今回が塙にとって初めての月9ドラマ出演となる。

 塙は、朝顔の夫・桑原真也(風間俊介)の姉で刑事の桑原忍(ともさかりえ)の夫・桑原博人を演じる。

 博人は生活が不規則な刑事・忍を、家事をはじめ全力で支える。勝ち気な忍とは対照的に非常に温厚な性格で、夫婦仲は良好。忍が刑事を目指す時も、判断を尊重してサポートした。

 初めての月9出演に対して塙は「芸人になって“月9”を題材に漫才を作った事もあるぐらい好きだったので感動しています。みんなに自慢したいです」と意外な感想を語った。

 また見どころについては、「刑事ドラマに出演した時、笑顔のつもりが、目が笑っていなくて犯人だと勘違いされた事がありました。今回に限っては最高の笑顔になっていると思うので注目してください」と意気込みを明かした。

 「監察医 朝顔」は19年7月期に放送されたドラマの続編で、「月9」史上初めて2クール(半年)連続放送となるヒューマンドラマ。主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、ベテラン刑事の万木平(時任三郎)が親子で難事件に向かう。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請