【藤川球児 火の玉勝負】巨人・平内龍太は「しなやかさ」と「剛腕」足して割った投手像描け

平内の投球を原監督(右)と見る藤川球児氏
平内の投球を原監督(右)と見る藤川球児氏

 現役時代は打倒・巨人で戦ってきただけに、初のライバル球団のキャンプ視察に背筋が伸びる思いがあった。あいにくの雨で室内練習だったが、原監督に招いていただき、ブルペンの真後ろから並んで球筋を見させてもらった。「平内はどうだ?」と聞かれ、それだけドラ1ルーキーに期待感があることは伝わってきた。

 平内の初登板(11日、紅白戦)の映像は事前にチェックしていた。その上で投球練習を見て、直球はもう一段階上がっているな、という印象を受けた。リリースの瞬間にバチンッ!と音がした。指先でボールを最後までつかまえられている証しで、低めにいい回転で投げていた。どんなタイプかは難しいが、強いて挙げるなら、岸と則本昂(ともに楽天)の間で「しなやかさ」と「剛腕」を足して割った投手像を描いていけばいいのではないか。巨人のエースを目指す以上、こぢんまりするべきではない。

 ただ、右腕のトップの位置を作るタイミングが遅いことが気になった。縦のスライダーの時のテイクバックはきれいに入るものの、スプリットやツーシームといった球種だと高めに浮きやすい。打者に球の出所が見えにくい利点はあるのだが、疲労がたまってきた時に無理に腕を振ると故障につながる可能性もある。落ちる系の球種を安定してベース板に落とせる投球フォームを身につけられるかが、大事なポイントの一つになるだろう。

 原監督と話した限り、先発ローテの5、6番手は若手の台頭がカギを握りそうだ。その争いに平内が加われるか、今後が楽しみだ。(スポーツ報知評論家)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請