【楽天】辰己涼介マルチ!小郷裕哉V打!外野争いゴング…辰己「必ずレギュラーを」

4回無死一、三塁、左前適時打を放った小郷裕哉
4回無死一、三塁、左前適時打を放った小郷裕哉
4回無死、右中間三塁打を放った辰己涼介
4回無死、右中間三塁打を放った辰己涼介

◆練習試合 楽天8―3ロッテ(13日・金武)

 外野の定位置取りへ、サバイバルのゴングが鳴った。大卒3年目の辰己が2安打を放てば、同期の小郷も先制V打を記録。石井監督は「最初の実戦にしてはうまくコンタクトできていた。外野手は、外国人が現状いないので、ある意味チームを成長させるのかなと思う」とうなずいた。

 4回。先頭・辰己が右中間三塁打を放つと、無死一、三塁から小郷が石崎の直球を中前へ運んだ。辰己は3―0の5回にも1死一塁から左前安打で好機を拡大し、追加点につなげた。2人だけでなく田中和や内外野守れる渡辺佳も安打と打点を挙げるなど存在感を示した。

 現在、外野のレギュラーは島内のみで、新外国人の来日も未定。辰己は「必ずレギュラーを取りたい。周りを寄せ付けない、断トツな結果を残したい」と力を込めれば、小郷も「他のライバルの調子が良くても出られるぐらいの気持ちでやらないと。頭一つ出られるようになりたい」と闘志を燃やした。(田中 哲)

4回無死一、三塁、左前適時打を放った小郷裕哉
4回無死、右中間三塁打を放った辰己涼介
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請