馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

開花宣言?(美浦)

 こんばんは、坂本です。今日は粛々と在宅勤務にいそしんでおりました。

 それにしても「小人閑居して不善をなす」とはよく言ったもので、ちょっとした仕事の合間にくだらないことを考えてしまいがちです。私が自宅で愛用している湯飲みは、たまに観光地などで見かける「歴代首相漫像」で、伊藤博文から始まる歴代首相の似顔絵がずらりと並んで描かれています。私の使っているバージョンは最後に2度目のアベさんが描かれているものですが、空白スペースを考えると残りは約20人分しか入らないのではないかと気づいたのです。だからどうしたという話ですが、未来になってもこのシリーズは続いているのか余計な心配をした次第です。さて、仕事に戻りましょう(苦笑い)。

 今日は何と言ってもクイーンCですね。今さら説明不要の超良血馬の【アカイトリノムスメ(牝、父ディープインパクト、母アパパネ)】が、3連勝で重賞初制覇を飾りました。デビュー前は控えめなトーンの国枝調教師でしたが、「少しずつしっかりしてきた」と語っていたように馬体重も増えて、着実に成長曲線を描いているようです。母も担当した福田助手に聞いても、「以前は頼りなかったけど、全体的に力をつけてきたと思います。顔は、きょうだいのなかで一番そっくりですね」という話で、まさに“大器の相”ということでしょうか。桜花賞に向けて「開花宣言」と言っていいでしょう。【サトノレイナス(牝、父ディープインパクト)】とともに2枚看板でクラシック戦線に臨むことになりそうですが、桜花賞直行のレイナスは3月頭くらい帰厩の予定とのことです。

 このまま国枝厩舎の話題にいきますと、先週のゆりかもめ賞で3着だった【サトノフォーチュン(牡、父ディープインパクト)】は、放牧に出されるようです。「レースで脚をひねって痛めた」と国枝師で、少し時間がかかりそうです。また昨年10月に未勝利勝ちして、すでに帰厩している【ミエノムガール(牡、父トゥザワールド)】は、水仙賞(2月27日、中山)へ向かいます。また明日の東京5R・未勝利戦(芝1800M)で、【ダノンマデイラ(牡、父ディープインパクト)】がデビューします。「芝の新馬がないから未勝利戦を使う。ある程度やってきたので」と、経験馬相手にどこまでかという見立てのようです。

 続いて宮田厩舎の話題にいきますと、セントポーリア賞を勝った【グレートマジシャン(牡、父ディープインパクト)】は、毎日杯(3月27日、阪神)に向かい、日本ダービーを目指す青写真を描いています。「出負けしたスローの流れで、どうかなと思っていたが、あれだけの素晴らしい上がりで勝ってくれた。素質の高さを示してくれました」と宮田調教師。晴れ舞台への挑戦が、現実味を帯びてきそうです。年明けの1勝クラスで2着だった【スペシャルドラマ(牡、父エピファネイア)】は、来週のフリージア賞(2月20日、東京)へ。新馬の【ゴールデンマリア(牝、父ドゥラメンテ、母コンサーンナッカ)】は、次の中山開幕週の未勝利戦(2月27日、牝馬限定、芝1800M)でのデビューを目指しています。

 明日の共同通信杯も目が離せない一戦となりそうですね。それでは今日のところはこのへんで。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請