【東京eスポーツフェスタ】おかずクラブ・ゆいP、『FF14』で36キロ減量「食べる時間忘れるくらい夢中に」

スポーツ報知
ゲームに挑戦したおかずクラブ・ゆいP

 お笑いコンビのおかずクラブが13日、オンラインで開催されている「東京eスポーツフェスタ 2021」に出演。昨年、121キロから36キロの大減量を果たして話題になったゆいP(34)は「自粛期間中にゲームにどハマりしてやせました」と裏話を明かした。

 2日目を迎えた同フェスタ。「芸人VSレジェンドゲーマー eスポーツバトル」に出演したおかずクラブの2人は、高橋名人(61)とプロ格闘ゲーマーのマゴで構成されたレジェンドゲーマーチームとゲームで対戦した。

 相方のオカリナ(36)とともに登場したゆいPは、「コロナで自粛期間中、『ファイナルファンタジー14』にどハマりしまして。食べる時間を忘れるくらい夢中になって、1日8時間くらいゲーム配信して、36キロやせました」と大減量のきっかけを激白。それでも頬のあたりがやや膨らんで見えることには「昨日親知らずを抜いて腫れてしまって…本当はもうちょっとかわいいんですよ」と弁解した。

 この日は「(パズルゲームの)『I・Q』のみクリア経験がある」と話すオカリナとコンビを組み、高橋名人チームと対決。「ぶっつぶしてやるよ!」と気勢を上げたゆいPだが、『フォールガイズ』では引き分けとなったものの『スーパーボンバーマンR』で連敗を喫しガックリ。「鍛えてきますんで、また来年リベンジさせてください」と懇願した。オカリナは「めちゃめちゃ面白かった。これまでゲームはあまりやってこなかったので、もったいないことをしてきたなと。ゆいPの家でやらせてもらいます」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請