【浦和】立花代表、柏木&杉本のクラブ規律違反行為を謝罪「象徴となるべき選手が…」

浦和の立花洋一代表
浦和の立花洋一代表

 J1浦和の立花洋一代表(61)が13日、J2相模原との練習試合を生配信したクラブ公式YouTubeチャンネルに出演し、クラブ規律違反行為があったMF柏木陽介(33)とFW杉本健勇(28)について謝罪した。

 キックオフ前に行われたトークショーで立花代表が登場。冒頭、沖縄キャンプ中の今月4日にクラブの規律に反して外食した2人について触れ「現在のコロナ禍で皆さんが不要不急の外出を避ける中、こうした事を起こしてしまった。浦和レッズの理念の一番大事な要素として『浦和を背負う責任』がある。(チームの)象徴となるべき選手がこうした行動をしたことに深く反省をしている。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 また、新型コロナ禍の影響を受けた昨年のクラブ経営面についても言及。19年度はクラブ史上最大の約82億円の営業収益をあげたが、昨年は無観客試合などによる入場料収入激減の影響を受け、約30%減で約60億円を切ると明かした。当初は10億円以上の赤字を想定したが、「一ケタ台後半になる」と見込みを語った。

 続いて、西野努テクニカルダイレクターが登場。中国1部・山東泰山への移籍が決定的となっているFWレオナルドについては「まもなく発表すると思う」とだけ話した。今後の補強は「外国人を含めて常に検討している。ポジションは全般的にみている。後ろと前」と明かした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請