【楽天】小郷裕哉が対外試合初戦で先制打「打てて良かった」

4回無死一、三塁、左前適時打を放った小郷裕哉
4回無死一、三塁、左前適時打を放った小郷裕哉

◆練習試合 楽天―ロッテ(13日・金武)

 楽天・小郷裕哉外野手(24)が「3番・左翼」でスタメン出場し、今年の対外試合初戦で先制打をマークした。

 4回先頭・辰己が右中間へ三塁打を放つと、田中和は四球で出塁し無死一、三塁の場面。1ストライクから石崎の直球を中前へはじき返した。「辰己、和基さんが出塁してつないでくれたので、何とかかえそうと思って打席に入りました。打てて良かったです」。今キャンプは昨年と同じく打撃面の向上に力を注いでいる中、アピールに成功した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請