馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

今年も好メンバー(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は通常梅田の会社で内勤の金曜日ですが、西宮の自宅から在宅でのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、つい先日のこと。病院勤務の友人へ久々に連絡。大変なご時世でして、病院から酒類を提供する店への出入りを禁じられてから、もう一年近くになると言います。彼はワタクシと一緒の時は最後に「落ちる」ことが多いほど飲むのに、家ではほとんど飲まないタイプらしく、悲しいかな、一年近く断酒生活が続いていると言います。

 まぁ、こんなワタクシも当ブログを長らく読んでいただいている方は知っていると思いますが、大学時代に一人暮らしを始めてから10年近く、家で飲む人ではなかった。何か一人で飲んでるなんて切ないやん、と思っていたからです。ということで、ほぼほぼ毎日、三宮(神戸の繁華街)へ遊びに出かけていたワケですが、競馬記者になって数年後、恐らく本紙をやっていた11年頃だったかな、仕事の事前の仕込みが結構必要になって、予想日前の木曜日は仕込みの日と決めて、深夜に家で飲むようになったんですよね。で、最近は家飲みに何の抵抗もなくなった。あの時に家飲みの習慣を身につけていなければ、ステイホームのこの一年は非常にヘルシーな生活を送っていたかもしれないなぁ、なんて少し思ったりする今日この頃。まぁ、家でも飲んでるから、ステイホームでも変なストレスなく過ごせているんですけどね。

 早く病院勤務の彼と普通に飲める日が来ることを祈りつつ、そろそろ本題へ。今日はいつものように明日の競馬を中心に見ていきましょう。

 今日は意表を突いて、東京7Rの平場からいきます。平場にしては好メンバーが集まりましたが、注目はヴァンドギャルドの半妹にあたる【フォティノース(牝、父ドゥラメンテ)】でしょう。実は先週の水曜日、珍しい色の調教帽をかぶっている福永Jをトレセンで見かけたんですが、この馬の調教再審査に乗るためだったんですよね。福永J騎乗の調教再審査って、あまり記憶になかったので聞いてみると、「今までなかったんちゃうかな」と。

 前走の萩Sで大きく外へ逸走したための試験は一発で合格。とはいえ、福永Jは「まだ危うさははらんでいると思う」と気を抜いていません。杉山晴調教師も「気難しさがありますからね。スピードがあるのでマイルから1400メートルの距離はいいと思いますが」とのこと。まずはしっかりと走れるかを見守りたい一戦です。

 東京メインはクイーンCです。最近はトレンドなのか、本当にいいメンバーが集まる一戦になっています。今年も印が回らないほどの層の厚さですが、関西馬では昨日の更新分でも触れた斉藤崇厩舎の【ステラリア(牝、父キズナ)】に、新馬の勝ちっぷりがよかった今野厩舎の【アールドヴィーヴル(牝、父キングカメハメハ)】などが参戦しますが、どうしても見限れないのが音無厩舎の【インフィナイト(牝、父モーリス)】なのです。

 「前走の負け方で強気なことなんて言えんんやろ」と素っ気ない音無調教師ですが、「動きは申し分ない」とも。攻め馬の気配は引き続き、ホントにいいんですよね。デビューから2戦が道悪で、前走が初の良馬場だったとはいえ、さすがに負け過ぎの印象。まともに走っていない印象を受けるんです。「前回は1週前が軽くなったんですが、今回はしっかりやりました。これでどこまで走れるかですね」とは生野助手。今回も良馬場見込みですし、どれだけ走れるか見てみたいところです。

 ここから少しだけPOG情報。池江厩舎にすみれSに出走予定の【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト)】が戻ってきました。「前走後の疲れもしっかりと取れました」とは池江調教師。この馬、話を聞くたびにトーンが上がっているのを感じます。「一戦ごとに良くなっていますね。ここは勝たないと賞金を加算できない一戦。まずは勝つことですね」と必勝を期した一戦であることを強調します。2勝馬+オープン特別勝ちがあれば、ダービーまで賞金は大丈夫ではないかという見立て。同じバヌーシー所有だったキタノコマンドールと同じように勝って、クラシック本番へ向かいたいものです。

 あと、先週の中京で勝った【サトノスカイターフ(牡、父ディープインパクト)】は放牧へ。「まだ体がしっかりしていない中、楽ではない競馬で勝ち切れたのは大きい」とトレーナー。現状の体の完成度では春はマイル路線に照準を定めつつ、今後のローテを決めるようです。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

小倉9R・12サトノジヴェルニー(前走から開催が進み、時計がかかるようになった馬場は追い風。ここは崩れない)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神5R・2タガノポルトロン(古川J、陣営の評価が悪くない。ブリンカー装着で一変期待)

小倉2R・12トーホウロゼリア(脚はある。ハマるかハマらないか、だが、Bコース替わりでも内が圧倒的有利まではいかないはず)

小倉7R・1キクノリノ(こちらは前走時、外差しの馬場に泣いた。もっと走れていいはず)

小倉11R・16アイタイ(息の入らぬ流れ濃厚。外から一気に伸びてくる)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請