森会長の辞任に日本陸連・横川会長らがコメント「決断を本連盟は尊重する。ご尽力に感謝」

日本陸連の横川浩会長
日本陸連の横川浩会長

 女性蔑視発言が世界的に問題となっていた東京五輪組織委の森喜朗会長(83)が正式に辞意を表明したことについて、日本陸連の横川浩会長と尾県貢専務理事が12日、コメントを発表した。

 2人は書面を通じて「森喜朗会長が東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて歩みを進めるためになされた決断を、本連盟は尊重する。森会長の大会に対する長年のご尽力、ご功績に感謝したい。本連盟は、東京大会がオリンピック憲章に謳われている理念を追求し、国民および世界から理解される大会となることを願う」とコメントした。

 森会長は3日の日本オリンピック委員会(JOC)の会合で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言して大問題に発展。五輪スポンサーや選手からも厳しい非難を浴び、最終的には国際オリンピック委員会(IOC)からも「発言は完全に不適切」と断じられ、辞任決断に至った。

 後任を巡っては、森会長が11日に元日本サッカー協会会長で選手村村長、組織委評議委員を務める川淵三郎氏(84)に後任を要請。川淵氏も一時は受諾の意向を示していたが、合同懇談会の直前に一転して見送る方針を示した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請