後任会長辞退の川淵三郎氏「なんか変だよな」 昨晩の組織委・武藤敏郎事務総長との電話で白紙の可能性感じ取っていた

川淵三郎氏
川淵三郎氏

 女性蔑視(べっし)発言で辞任する東京五輪組織委の森喜朗会長(83)の後任に指名されていた元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)=日本トップリーグ連携機構会長=が12日、都内での組織委理事・評議員による懇談会の席で後任を辞退する意向を表明した。

 懇談会後に取材に応じた川淵会長は、就任要請を受けた11日に後任として大々的に報道され、五輪へのビジョンも語っていたことを踏まえ、「森会長にも大変迷惑をかけた。僕が全て悪かった」と話した。

 前日11日、組織委の武藤敏郎事務総長から「2、3回電話がかかってきて、遅くまで話をした」と説明し、人事が白紙に戻る可能性を感じとったという。「別に俺、候補にも何にも選ばれてないのに、なんか変だよな。全てマスコミの皆さんが誤解するような言動したことに対する自分の責任ってことを感じて辞めたってのが一番いいんじゃないの? みんな俺が悪い」と語った。

 報道陣から、武藤敏郎事務総長との具体的な電話の内容を問われると、「要するに僕がマスコミに書かれていることに対して、しんどいわけだよな。どういう白旗を挙げようかと武藤さんと(話しを)してて。武藤さんもこうした方がいいって、絶対言わないもんね。なんとなく言うように誘導した。そうでもないな。こうやって俺がしゃべることが良くない。サービス精神旺盛だから、どんどんしゃべっちゃうと、その中の一部を切り出してみんな書くわけでしょ? もう、十分しゃべった」と締めて、取材対応を終えた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請