スタジオジブリ、初の全編3DCG製作 4年7か月ぶり劇場公開「アーヤと魔女」…4月29日から

魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス
魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス
宮崎吾朗監督
宮崎吾朗監督

 「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」など数多くの名作アニメを世に送り出したスタジオジブリが初めて全編3DCGで製作したアニメ映画「アーヤと魔女」(宮崎駿企画、宮崎吾朗監督)が4月29日に劇場公開されることが10日、分かった。

 原作は「ハウルの動く城」で知られる英国の作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ氏による同名小説。児童養護施設で育った少女・アーヤが、魔女のベラ・ヤーガに引き取られ、魔法を教えてもらうことを条件に助手として奮闘する物語。昨年12月30日にNHKで放送されアーヤのひたむきな姿が共感を呼び、劇場公開が決定した。ジブリ作品の劇場公開は16年9月の「レッドタートル ある島の物語」以来4年7か月ぶりとなる。

 当初から映像、音響ともに映画基準で製作しており、昨年のカンヌ国際映画祭の公式作品に選出されたほか、第93回米アカデミー賞長編アニメーション映画部門にノミネートされるなど海外でも注目され、世界各国での公開も決定している。

 テレビ放送後に劇場公開されるのもジブリにとって初めて。宮崎駿氏(80)の長男で11年公開の「コクリコ坂から」以来、10年ぶりにメガホンをとった宮崎吾朗監督(54)は「アーヤを劇場で上映していただけるなんて、本当に幸せです。大きなスクリーンで見るアーヤは音も格別です」と大喜び。鈴木敏夫プロデューサー(72)は「コロナの空気を吹き飛ばすアーヤの元気な姿を、ぜひ映画館で見てください」と呼びかけた。

 ジブリ特有の温かさを感じさせる絵のタッチを生かしつつ3DCGによって躍動感のある動きやファンタジーあふれる映像表現を実現した。アーヤ役の声はオーディションで選ばれた平澤宏々路(こころ、13)、アーヤと暮らすど派手な魔女のベラ・ヤーガ役は寺島しのぶ(48)、長身の怪しげな男・マンドレーク役は豊川悦司(58)、魔法の秘密を知る黒猫のトーマス役は濱田岳(32)が担当した。

魔女の助手として奮闘するアーヤと黒猫のトーマス
宮崎吾朗監督
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請