萩野公介、森会長の女性蔑視発言に「そういう思考回路に行き着くのが疑問」

スポーツ報知
萩野公介

 競泳男子で2016年リオ五輪400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(26)=ブリヂストン=が10日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言に対して苦言を呈した。

 萩野は音声アプリ「NOWVOICE」に、「女性蔑視」とのタイトルの音声をアップした。「今回の森さんの発言におかれまして、メディアの方や世間の皆さまが言っているように『女性蔑視発言』と僕も捉えます。(東京大会に)関わるアスリートとして非常に残念、がっかりでした」と正直な気持ちを述べた。さらに「世の流れもあります。普段、生活していて、そういう風な発言をするような思考回路に行き着くのが僕はちょっと信じられない。正直、疑問に思うところがまず一番です」とバッサリと切った。

 五輪金メダリストとして、今回の発言にコメントしたのは初めて。「『この件についてアスリートが発信をしていくのは酷だ』という発言が山下(泰裕)JOC会長の方からもあったと思いますが、少し今回はこの件についてお話をしていきたいと思う」と発信した経緯を明かした。

 一方、新型コロナ禍で五輪の開催可否について、さまざまな意見が飛び交っている。萩野は「アスリートが一番、スポーツの価値を考えていかないといけない」とし、「人として素晴らしくなければ、みんな応援してくれませんから。ただ速く泳ぐだけ、ただ速く走るだけ、ただその競技がうまいだけ、では今後スポーツの価値というのは高まっていかないと思う」と持論を語った。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×