馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  中山記念G2 阪急杯・G3

色々とつながります(栗東)

 こんにちは、山本です。今週も栗東からのパッチパチ。週初めには屋根に雪が残っていたりしたようですが、ワタクシたちは取材あるのみ。今週もパッチパチといきますかね♪

 さて、昨年末から今年にかけて、二度寝で寝坊しかけることが結構、多いんです。基本的に睡眠時間は少ないタイプだと自覚しておるんですが、気がつけば「想定外」の時間だったりする。当たり前ですが、冬は寒いですから布団から出たくないという気持ちが強い。そりゃ自覚しているんですが、そこから布団の中で「落ちる」んですよね。前はそんなことなく、布団の中で暖を取りつつ、自分の気持ちが固まった瞬間に外へ飛び出していたはずなんですが…。

 まぁ、先日の肩痛(ようやく完治しました!)もそうですが、本当に自分の体が思うようにならないことが増えつつある。かつて織田信長は「人生わずか50年」と口にしたと伝わっていますが、それならば、あと6年ぐらいで寿命を迎える、初老と言ってもおかしくない時期。衰えゆく体といいお付き合いを考える時期なのかもしれません。

 ということで、活きのいい3歳馬を中心に取り扱っている当ブログはそろそろ本題へ。今日も栗東でのナマ情報を中心にお伝えしましょう。

 まずは松永幹厩舎からいきましょう。3歳の1勝馬たちがどんどん、栗東に戻ってきています。まずは昨年末のホープフルSで9着だった【ヴィゴーレ(牡、父キズナ)】は来週のつばき賞に向かうことになりました。ここは田辺Jが手綱を執る予定。このつばき賞、高野厩舎の【ブレーヴジャッカル(牡、父ダイワメジャー)】や友道厩舎の【デルマアシュラ(牡、父ディープインパクト)】が出走予定ですね。

 あとはダートで初勝利を挙げた【チカリヨン(牝、父ハーツクライ)】なんですが、こちらは2月28日の牝馬限定、ダート1400メートルを武豊Jで予定しています。今週の動きがすごく良かったようで、「やっぱり、この馬走るよ。今回はダートだけど、その後は芝にも使ってみたい」と松永幹調教師はかなり楽しみにしている様子。ここには先週の未勝利を勝った須貝厩舎の【スマートパサート(牝、父モーリス)】も参戦するようです。

 あとはダートの短距離路線に投入後、軌道に乗った【リメス(牡、父カレンブラックヒル)】はマーガレットSに向かうとのこと。こちらは距離に特化した起用のようです。そのマーガレットSには先週のかささぎ賞で2勝目を挙げた【マイネルジェロディ(牡、父スクリーンヒーロー)】が川田Jで参戦してくるようです。

 再び話は松永幹厩舎に戻り、最後にトレーナーが素質を高く評価したものの、外傷で放牧に出ていた【マテンロウエール(牡、父ロードカナロア)】について。症状が重いかもということで、北海道に行っての検査次第ということだったんですけど、今週から牧場で乗り始めるとのこと。アクシデントがあったことは事実なので、「春のうちには戻れるかも」ということでしたが、想定よりは症状は重くなかった様子。まずは完治を目指し、早く帰ってくる日を待ちたいですね。

 続いては池江厩舎。昨夏の新馬勝ち以降、2戦とも案外な内容が続いている【ダノンシュネラ(牝、父ドゥラメンテ)】なんですが、川田Jとのコンビで中山のデイジー賞へ向かうとのことです。「少し歩様が良くなかったので、間隔を空けたのですが、今回は良くなっていますね。いい状態でどれだけやれるか」と池江調教師は巻き返しに手応えをつかんでいるようです。その池江厩舎はすみれSへの出走を目標にしている【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト)】が本日の栗東に戻ってきたようです。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請