長居公園周回コースで開催予定の男女混合大学駅伝が3月21日に延期調整

スポーツ報知
今年の大阪国際女子マラソン周回コース

 第1回全国招待大学対校男女混合駅伝(大阪・長居公園特設コース)の主催者は10日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言延長などの理由で開催日を2月21日から3月21日に延期を調整していることを発表した。

 同駅伝は、今年の大阪国際女子マラソン(1月31日)が開催された長居公園内の周回コースを中心とした特設コースで開催。3キロ、2キロ、5キロ、3キロ、2キロ、5キロの6区間計20キロを男女3人ずつがタスキをつなぐ。男女混合の大学日本一を決める大会として注目されている。

 大会主催者は「緊急事態宣言下では、学生スポーツの観点から参加して頂く学生の安心・安全を担保できる状況ではなく、予定していました2月21日に開催を断念する判断に至りました。しかし、コロナ禍で多くの学生スポーツが制限されている中、本大会の開催を希望する大学も多く、開催の可能性を議論した結果、緊急事態宣言の解除が見込まれる3月21日に延期の方向で調整しています。本大会に参加頂く大学生ランナーにとって、現段階での日程変更は厳しい選択ではありますが、大会を心待ちにされている皆さまにとっても、大会が開催される大阪で生活されている皆さまにとっても、必要な判断であると考えています。この大会に向けて懸命に調整を進める大学生ランナーの期待に応え、応援してくださる方々には安心してレースをテレビ中継で楽しんでいただくべく、引き続き準備を進めています」などと説明した。

 参加予定チームは地元の関西から大阪学院大、大阪教育大、関西大、関西外大、関西学院大、京産大、神戸大、神戸学院大、佛教大、立命館大の10校。関東から順大、城西大、拓大、中大、筑波大、東海大、東洋大、日体大の8校。

 全日本大学駅伝で関東勢以外で最高の15位、全日本大学女子駅伝4位の立命館大が優勝候補に挙がっている。関東勢では箱根駅伝3位&全日本大学女子駅伝16位の東洋大、箱根駅伝7位&全日本大学女子駅伝11位の順大、箱根駅伝14位&全日本大学女子駅伝3位の日体大、箱根駅伝15位&全日本大学女子駅伝9位の拓大、箱根駅伝16位&全日本大学女子駅伝7位の城西大などが優勝、あるいは上位を狙える力がありそうだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請